当サイトは記事内に広告を含む場合があります

【ブリッジ不要】ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする方法

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする方法 NFT
この記事は約20分で読めます。

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする方法がわからないよ…やり方を間違えたらお金が消えてしまいそうで怖いな💦

こんな悩みを解決します。

ポリゴン(PolygonETH)をはじめて日本円にする(円転する)とき、ドキドキしますよね。

ポリゴンの円転はやり方を間違えるとお金が消えてなくなるので慎重にやらなければなりません。

▼実際にお金を失ってしまった方がたくさんいます…

セルフGOX(ゴックス)とは、自分の不注意で資産を失うこと

また、高額なガス代を払う「ポリゴン→ETH→日本円」の方法しか知らず損をしている人が後を絶ちません…

記事執筆時点のガス代は「ポリゴンをブリッジ→ETH→日本円」で2000円弱(0.00571WETH(ポリゴン)+0.012MATIC)、「ポリゴンをスワップ→MATIC→日本円」5円弱(0.03674MATIC)でした。

そこでこの記事では仮想通貨(暗号資産)に詳しくない人でも安全かつお得にポリゴンを日本円にする方法を解説します。

実際に作業をした際の画像を使い解説しますので、画像を見ながら進めてみてください。

けむ
けむ

ポリゴンを日本円にするときは作業ミスを防ぐためにパソコンで作業しましょう!

当サイト「トークンナビ」では、PolygonネットワークでNFTを楽しみたい方にはBITPOINT(ビットポイント)をおすすめしています。

なぜならば、以下の3つの条件を満たし最もお得にNFT売買を楽しめるからです。

  1. NFT売買時にかかる入金手数料、送金手数料が無料
  2. Polygonネットワーク対応MATICを取り扱っている
  3. キャンペーンが充実している

Polygonネットワークを楽しむのに最適な取引所については別記事にまとめたのでぜひ参考にしてください。

≫PolygonネットワークでNFTを楽しむのに最適な取引所とは?

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする2つの方法

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする2つの方法

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする方法には「ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法」と「ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法」の2種類があります。

スワップはガス代が安いかつ作業が簡単、ブリッジはガス代が高いかつ作業が複雑です。

本記事では「ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法」を推奨します。

  • 【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • 【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法

ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にするために必要なものは以下の二つです。

事前準備
  • メタマスク
  • MATICの売買ができる取引所の口座

この記事ではMATICの売買ができる取引所としてビットポイントを使います。

MATICの売買ができる取引所の口座を持っていない方はビットポイントで口座開設してから次に進んでください。

≫【紹介コードで3500円】ビットポイントの口座開設キャンペーンで損しない方法

メタマスクとビットポイント口座の準備ができたら以下の流れで進めます。

それではSTEP1から進めましょう。

STEP1:ポリゴンをMATICにスワップ

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • STEP1
    ポリゴンをMATICにスワップ
  • STEP2
    ビットポイントの出金先アドレスを確認
  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからビットポイントにMATICを出金
  • STEP5
    ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

PolygonをMATICにスワップする方法を2つ紹介します。

どちらか好きな方を選択してください。

けむ
けむ

①のメタマスクでエラーが出てスワップできないときは②を選択してください

  1. メタマスクでポリゴンをMATICにスワップ(ガス代数円、簡単)
  2. Polygon WalletでポリゴンをMATICにスワップ(ガス代無料、面倒くさい、一度にスワップできるのは20MATIC)

はじめて作業をする際は少額で試すことをおすすめします

メタマスクでポリゴンをMATICにスワップ(ガス代数円、簡単)

▼メタマスクを開き「Polygon Mainnet」に接続されていることを確認し「スワップ」をクリック

▼変更前のトークンをクリック

▼検索窓に「WETH」と入力

Polygon MainnetのWETHはポリゴン(=PolygonETH=Wrapped Ether)を意味します

▼「WETH(Wrapped Ether)」をクリック

▼変更後のトークンをクリック

▼検索窓に「MATIC」と入力

▼「MATIC」をクリック

▼WETH(ポリゴン)欄に変更したい数量を入力

▼MATICの数値とガス代見積もりが表示されたら確認しスワップをクリック

けむ
けむ

スワップのガス代は4円(0.03514MATIC)でした

▼「閉じる」をクリック

▼ポリゴンをMATICにスワップできました

⇒STEP2へスキップ

Polygon WalletでポリゴンをMATICにスワップ(ガス代無料、面倒くさい、一度にスワップできるのは20MATIC)

Polygon Walletで一度にできるスワップは最大20MATICです。

20MATICより大きな金額をスワップしたいときは同じ作業を何度か繰り返してください。

▼Polygon Walletwを開き「Continue」をクリック

▼「Connect to a Wallet」をクリック

▼「MetaMask」をクリック

▼画面右上のキツネをクリック

▼「次へ」をクリック

▼「Continue with the Mainnet」をクリック

▼「Polygon zkEVM」をクリック

▼「Polygon Proof of Stake」をクリック

▼画面左から「Swap for Gas」をクリック

▼スワップしたいMATICの数量を入力(最大20MATIC)

けむ
けむ

20MATICより大きな金額をスワップしたいときは、何度か同じ作業を繰り返してください

▼数量を入力したら「ETH」になっていることを確認し「Approve」をクリック

けむ
けむ

ここで表示されているETHはポリゴン(PolygonETH)を意味します

▼キツネをクリック

▼「↓」をクリック

▼「署名」をクリック

▼「Transfer」をクリック

▼キツネをクリック

▼「↓」をクリック

▼「署名」をクリック

▼ポリゴン(WETH、PolygonETH)をMATICにスワップすることができました

STEP2:ビットポイントの出金先アドレスを確認

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • STEP1
    ポリゴンをMATICにスワップ
  • STEP2
    ビットポイントの出金先アドレスを確認
  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからビットポイントにMATICを出金
  • STEP5
    ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

ビットポイントを開き下にスクロール

▼「入出金」をクリック

▼MATICの「入金」をクリック

▼「Polygonネットワークと確認しました」をクリック

▼「アドレスをコピー」をクリックしコピーします

こちらのアドレスはMATICを受け取るためのアドレスです

STEP3:メタマスクに出金先アドレスを登録

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • STEP1
    ポリゴンをMATICにスワップ
  • STEP2
    ビットポイントの出金先アドレスを確認
  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからビットポイントにMATICを出金
  • STEP5
    ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

▼メタマスクを開き「Polygon Mainnet」に接続していることを確認したら「送金」をクリック

▼送金先入力欄にSTEP2でコピーしたアドレスを貼り付け

STEP4:メタマスクからビットポイントにMATICを出金

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • STEP1
    ポリゴンをMATICにスワップ
  • STEP2
    ビットポイントの出金先アドレスを確認
  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからビットポイントにMATICを出金
  • STEP5
    ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

▼送金したいMATIC数量を入力

▼「次へ」をクリック

▼ガス代や合計金額を確認し「確認」をクリック

メタマスクからビットポイントにMATICを送金する際のガス代は1円以下(0.0016MATIC)でした

▼送金が完了すると「アクティビティ」に履歴が表示されます

STEP5:ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法
  • STEP1
    ポリゴンをMATICにスワップ
  • STEP2
    ビットポイントの出金先アドレスを確認
  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからビットポイントにMATICを出金
  • STEP5
    ビットポイントでMATICを売却し日本円にする

ビットポイントを開きホーム画面からMATICの「売る」をクリック

▼売却したいMATICの数量を入力し「確認画面へ」をクリック

▼内容を確認し6秒以内に「確定」をクリック

▼「売却が完了しました」と表示されれば完了です

けむ
けむ

以上、ポリゴンをMATICにスワップして日本円にする方法でした!

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法

ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にするために必要なものは以下の三つです。

事前準備
  • メタマスク
  • ETHの売買ができる取引所の口座
  • 数円分のMATIC

【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法」では、MATICの売買ができる取引所で口座開設しなければなりませんでしたが、新たに仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を増やしたくない方もいると思います。

そんな方のために「ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法」を解説します。

この記事ではGMOコインを使った流れを解説しますが、ETH(イーサリアム)の売買ができる取引所であればGMOコインを使わなくても流れは同じです。

本記事の通りに進めたい方はGMOコインで口座開設をしてから進めてください。

GMOコインの口座開設はこちら

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法

STEP1:メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法
  • STEP1
    メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ
  • STEP2
    GMOコインの出金先アドレスをコピー

    ETHの売買ができる取引所であればGMOコインではなくてもOK

  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからGMOコインにETHを出金
  • STEP5
    GMOコインでETHを売却し日本円にする

▼メタマスクを開き「Polygon Mainnet」に接続したら「ブリッジ」をクリック

▼「From this network」は「Polygon」を、「To this network」は「Ethereum」を選択

▼「You send」は「WETH」を、「You receive」は「ETH」を選択

Polygonネットワークで表示される「WETH」はポリゴン(PolygonETH)を意味します

▼WETH欄にブリッジしたい数量を入力

▼自動的にガス代がひかれたETHの数量が計算されます

けむ
けむ

ガス代は変動しますが、この時はブリッジのガス代として0.00487WETH(ポリゴン)=約1500円もかかりました💦後ほどさらにガス代がかかります…

▼画面を下にスクロール

▼「Connect Wallet」をクリック

▼「MetaMask」をクリック

▼アカウントを選択し「次へ」をクリック

▼「接続」をクリック

▼「Approve tokens」クリック

▼「承認」をクリック

この承認はWETHを使う許可を与えるイメージです

けむ
けむ

ここでガス代として少額のMATICが必要になります

▼「Confirm」をクリック

▼「確認」をクリック

けむ
けむ

ここでもガス代として少額のMATICが必要になります

▼「MetaMaskでイーサリアムに切り替える」をクリック

▼「ネットワークを切り替える」をクリック

▼ポリゴンをブリッジしてETH(イーサリアム)にすることができました

STEP2:GMOコインの出金先アドレスをコピー

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法
  • STEP1
    メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ
  • STEP2
    GMOコインの出金先アドレスをコピー

    ETHの売買ができる取引所であればGMOコインではなくてもOK

  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからGMOコインにETHを出金
  • STEP5
    GMOコインでETHを売却し日本円にする

GMOコインを開き入出金欄から「暗号資産」をクリック

▼「ETH」をクリック

▼預入の「イーサリアムアドレスをコピー」をクリック

▼「閉じる」をクリック

STEP3:メタマスクに出金先アドレスを登録

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法
  • STEP1
    メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ
  • STEP2
    GMOコインの出金先アドレスをコピー

    ETHの売買ができる取引所であればGMOコインではなくてもOK

  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからGMOコインにETHを出金
  • STEP5
    GMOコインでETHを売却し日本円にする

▼MetaMaskを立ち上げパスワードを入力し「ロック解除」をクリック

▼「送金」をクリック

▼「パブリックアドレス(0x)またはENS名を…」欄にSTEP2でコピーしたイーサリアムアドレスを貼り付け

STEP4:メタマスクからGMOコインにETHを出金

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法
  • STEP1
    メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ
  • STEP2
    GMOコインの出金先アドレスをコピー

    ETHの売買ができる取引所であればGMOコインではなくてもOK

  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからGMOコインにETHを出金
  • STEP5
    GMOコインでETHを売却し日本円にする

▼GMOコインに送金したいETHの数量を入力し「次へ」をクリック

▼ガス代と合計金額を確認し「確認」をクリック

けむ
けむ

MetaMaskからGMOコインに送金するのに0.00084ETH(262円)のガス代がかかりました

ここまでにかかったガス代と合わせると2000円弱にもなります…

≫【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法はこちら

▼少し待つとアクティビティに「送金 確認されま…」が表示され、GMOコインからメールが届きます

▼「イーサリアム受取手続き開始のお知らせ」が届いたら手続き完了を待ちます(記事執筆時は15~20分待ちました)

▼手続きが完了すると「暗号資産のお預入情報ご登録のお願い」メールが届きます

GMOコインを開くと以下の画面が表示されるので「確認する」をクリック

▼未反映の預入一覧から「確認」をクリック

▼「送付元情報を入力」をクリック

▼「プライベートウォレット(MetaMaskなど)」をクリック

▼「ご本人さま」をクリック

▼「送付元情報の登録画面へ」をクリック

▼「預入目的」欄をクリック

▼自分の目的にあったものを選択

▼「確認画面へ」をクリック

▼内容を確認しチェック項目にチェックを入れたら「登録する」をクリック

▼「戻る」をクリック

▼審査を待ちます

▼20分程度で審査が完了しました

▼イーサリアムをGMOコインに送金できました

STEP5:GMOコインでETHを売却し日本円にする

【非推奨】ポリゴンをETHにブリッジしてから日本円にする方法
  • STEP1
    メタマスクでポリゴンをETHにブリッジ
  • STEP2
    GMOコインの出金先アドレスをコピー

    ETHの売買ができる取引所であればGMOコインではなくてもOK

  • STEP3
    メタマスクに出金先アドレスを登録
  • STEP4
    メタマスクからGMOコインにETHを出金
  • STEP5
    GMOコインでETHを売却し日本円にする

GMOコインではETHの売却を「販売所」と「取引所」でできます。

「販売所」はスプレッドと呼ばれる手数料がとられますが、取引が簡単なので初心者向け。

「取引所」はスプレッドがとられずお得ですが、取引が販売所よりも複雑です。

▼「取引所 現物取引」をクリックすると取引所での売買ができます

▼「販売所」をクリックすると販売所での売買ができます

けむ
けむ

以上、ポリゴンをETHにブリッジして日本円にする方法でした!

≫【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法はこちら

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする際の注意点

ポリゴンを日本円にする際は慎重にやらないと大切な資産を失ったりガス代で損をしたりします。

以下に注意点をまとめますので確認してください。

  1. ポリゴンを仮想通貨(暗号資産)取引所に送金するとGoxする
  2. ポリゴンをETHにブリッジするのはガス代が高い
  3. 最初は少額でテストをする
  4. MATICには2種類ある

ポリゴンを仮想通貨(暗号資産)取引所に送金するとGoxする

ポリゴン(PolygonETH)は必ずETHやMATICに変更してから送金する

仮想通貨(暗号資産)取引所はポリゴン(PolygonETH)をそのまま受け取ることができません。

ポリゴンをETHやMATICに変更せずに仮想通貨(暗号資産)取引所に送金するとセルフGoxするので注意してください。

ポリゴンをETHにブリッジするのはガス代が高い

ブリッジにかかるガス代はスワップの数百倍から数千倍

この記事で紹介した通りブリッジには高額のガス代がかかります。

この記事を執筆した時点(2023年11月頃)でブリッジには2000円弱のガス代がかかりました。

ガス代を少しでも節約したい方は【推奨】ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法を試してみてください。

最初は少額でテストをする

最初から大金を日本円にしようとしない

ポリゴンを日本円にするにはブリッジやスワップ、送金をしなければなりません。

いつどこでやり方を間違えるかわかりませんので最初は少額でテストしましょう。

やり方を間違えた場合、資金は戻ってきませんので注意してください。

MATICには2種類ある

MATICには「イーサリアムネットワーク対応のMATIC」と「Polygonネットワーク対応のMATIC」があります

NFT売買に使うMATICはPolygonネットワークのMATICです。

NFT売買に使っていたPolygonネットワークに対応しているMATICを、イーサリアムネットワークのMATICしか扱っていない仮想通貨(暗号資産)取引所に送金すると消えてなくなります。

この記事では「ポリゴンをMATICにスワップして日本円にする方法」の中でビットポイントを使い解説しましたが、ビットポイント以外を使いたい方は必ずPolygonネットワークに対応したMATICを扱っている取引所を使ってください。

ポリゴン(PolygonETH)を日本円にする際によくある質問

最後にポリゴン(PolygonETH)を日本円にする際によくある質問をまとめます。

Q
ポリゴン(PolygonETH)を日本円に換金するために必要な手数料はいくらですか?
A

本記事では2種類の方法を解説しました。

それぞれかかった手数料(ガス代)は以下の通りです。

※ガス代は常に変動します

Q
ポリゴン(PolygonETH)を日本円に換金する際に必要な情報は何ですか?
A

今のガス代が高騰していないか調べてから作業をしましょう。

ガス代を調べる方法はこちらの記事を参考にしてください。

≫イーサリアムのガス代が安い時間帯とリアルタイム価格をチャートで調べる方法

Q
ポリゴン(PolygonETH)を日本円に換金する際に必要な時間はどのくらいですか?
A

MATICやETHの売買ができる口座がある状態で始めれば必要な時間は以下の通りです。

時間はあくまでも目安です。

あせってやると作業を間違える可能性がい上がります。

最初はゆっくり時間が取れるときにやってください。

まとめ:無駄なガス代は節約しよう

この記事ではポリゴンを日本円にする方法を2つ紹介しました。

今までポリゴンをETHにブリッジしていた方は、この記事を参考にガス代を節約できる「ポリゴンをMATICにスワップしてから日本円にする方法」を試してみてください。

今ならMATICの売買ができる仮想通貨(暗号資産)取引所ビットポイントで最大3500円もらえるキャンペーンを開催しています。

3500円を手に入れてぜひあらたなNFTを購入してください。

≫【紹介コードで3500円】ビットポイントの口座開設キャンペーンで損しない方法

コメント